ご挨拶

 私たち有富設計は、創業以来、機械設計・電気設計・ソフトウェア設計の技術を蓄積し、設計・開発業務の分野で幅広く活躍してきました。
 設計という仕事は比較的地味な技術分野であると思われがちですが、実は、あらゆる技術の発展を担うもっとも重要なテクノロジーでもあるのです。
 設計に携わる技術者の人間性や創造力こそ、新しい社 会を生み出す原動力といえるのではないでしょうか。私たちは、設計という仕事に大きな使命感をもち、つねに社会に貢献してきたと自負しています。
 新しい世紀を見つめ、様々な夢を実現していくため、私たち有富設計は、今日も前進し続けています。

会社概要

社名有富設計株式会社
本社所在地〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船2丁目24番7号
電話番号0467-46-6156
FAX番号0467-44-7224
設立1971年8月11日
代表者代表取締役 会長 有富 靖典
  取締役 社長 有富 真知子
  取締役 専務 川原 隆夫
資本金10,000,000円
売上高890,000千円(2017年3月期)
826,000千円(2016年3月期)
820,000千円(2015年3月期)
取引銀行三井住友銀行 大船支店、UFJ銀行 大船支店
従業員数89名 (2017年4月現在)
機械・機構49名、電気・電子26名、ソフトウェア9名、営業・管理5名

事業内容

以下の業務に関わる設計、製品製作および技術者派遣
○機械・機構設計
航空宇宙関連機器、医療分析機器、産業関連機器、民生機器、プラント・設備関連機器の設計
○電気・電子設計
デジタル回路、アナログ回路、電源回路、制御盤、組み込みマイコンボード、CPLD、FPGAの設計
○ソフトウェア開発
機械・機器制御、シーケンサ制御、通信制御、画面制御
※特定労働者派遣事業 届出受理番号「特14-03-0070」

経営基本方針

経営理念

創造する喜びと信頼で社会に貢献する。

経営方針

1.顧客指向に徹し、信頼される技術力を通して広く社会に貢献する。
2.独自技術を確立し、ニーズを先取りした提案型活動を推進する。
3.常に誠意と熱意ある対応を心がけ、新規顧客の開拓と事業分野の拡大を図る。
4.環境変化に対してスピーディかつ柔軟な経営を行う。
5.適正な利潤を確保し、顧客、従業員、社会への還元を図る。

行動基準

1.何事にも誠意を持ってあたり、信頼を築こう。
2.お客さまの立場にたち、情報を共有しよう。
3.可能性を信じ、失敗を恐れず、前向きに挑戦しよう。
4.時間と金を上手に活かし、新しい価値を創造しよう。
5.視点を変えてものを見る等、意識改革に努めよう。
6.報告・連絡・相談を徹底し、スピーディに行動しよう。
7.自己の能力を向上させ、各々の資質を活かそう。

主要取引先

アトー㈱、㈱IHIエスキューブ、ウシオ電機㈱、SEIオプティフロンティア㈱、㈱オシキリ、㈱荏原製作所、海洋電子工業㈱、㈱勝島製作所、キヤノン㈱、キヤノソフトウェア㈱、㈱京三製作所、コイト電工㈱、コモタ㈱、㈱多摩川電子、㈱テクノメディカ、芝浦メカトロニクス㈱、島田理化工業㈱、スチールプランテック㈱、住友電気工業㈱、東京計器㈱、㈱トプコン、㈱ニコン、日本放送協会、フジフーズ㈱、古河電気工業㈱、三菱電機㈱、三菱電機エンジニアリング㈱、三菱電機照明㈱、三菱電機特機システム㈱、三菱プレシジョン㈱ ほか ※敬称略

保有設備・機器

機械・機構

・Auto CAD(2D) 2008:4台
・Autodesk Inventor (3D) 2013:8台、11:2台
・Solid Works(3D) 2017:2台
・Solid Works Simulation:1台
・ICAD(2D/3D) V7L5:7台、V7L1:9台、V6L2:1台
・CATIA V5(3D):6台

電気・電子

・OrCAD 2台、ロジックアナライザー 1台、デジタルオシロ 4台
・信号発生器(シグナルジェネレーター) 2台、デジタルマルチメーター 4台
・Pro/E(3D) 3台(構造解析/熱解析)
・QuarutsⅡ 1台、Pspice 2台、Moder Sim(VHDL、Verilog) 各1台

地図・アクセス

アクセス

神奈川県鎌倉市大船2-24-7 
JR東海道線:大船駅下車 東口より 徒歩6分  Google MAPで見る


本社外観

3階:機械技術課一課・二課
        三課・四課
   機械設計・機構設計

2階:電子制御技術一課・二課
   電気設計・電子設計
   ソフトウェア開発

1階:営業・管理部門
   営業部・総務部
   実験・工作・組み立て室